トップページ > 技術資料 > 製品事例集 > スケールウォッチャー導入効果事例

印刷ページを表示

製品事例集

スケールウォッチャー導入効果事例

ビル、マンション(上水系)

スケールウォッチャーを導入すると、配水管の赤錆が黒錆に変化することによって、約3.5倍の延命効果が期待できます。また、排水管にスケールがつくのも防止できますので、台所やふろ場のぬめり、トイレの汚れ付着防止にも効果があります。ただし、老化した配管に導入した場合、初めは配管内の赤錆が剥離して、赤水が発生する恐れがあります。

集合施設(サニタリー系)

公衆トイレ、パチンコ店、公共施設など、多人数が利用するトイレでは、頻繁に清掃する必要があったり、清掃しても臭いが取れなかったりします。スケールウォッチャーを導入すると尿石の付着をおさえ、アンモニアが気化して臭うのを防ぐ効果が期待できます。

プラント(冷却水)

冷却水として海水を使用している場合、配管にスケールが付着したり、貝などの生物が付着したりして配管が狭くなり、頻繁に清掃をする必要がありました。スケールウォッチャーを使用すれば、これらを防ぐことができます。

温泉施設(パイプ、その他)

温泉には、シリカ(二酸化ケイ素)などの成分が多く含まれているため、温泉の配水管が詰まったり、浴槽やタイルに白い固着物が着いてとれなくなったりします。スケールウォッチャーを使用すれば、これらを防ぐことができます。

外食産業(厨房)

スケールウォッチャーを導入すれば、厨房設備内の飛散油の軽減、食器洗浄機の付着物の軽減、排水溝のヌメリ・堆積物・悪臭の軽減、グリストラップの清掃回数の削減、食堂のベタツキの軽減が期待できます。

ボイラ

スケールウォッチャーにはシリカ、カルシウムの除去効果がありますので、脱気膜、脱酸素剤、各種薬品の投入が不要になります。もちろん、防錆効果もあります。

その他

各種工業用洗浄設備のスケール防止に効果がありますので、リンス、消泡剤などを撤廃することができ、コスト削減はもちろん、環境にもやさしくなります。

※原理につきましては、こちらをごらんください。

※スケールウォッチャーの効果が期待できるかどうかは、流れている液体の成分、Phに左右されますので、詳しくは福岡営業所までお問い合わせください。